家作りの第一歩はココから!

メンテナンス・保障

中古住宅はもちろん、新築でも定期的なメンテナンスはかかせません。住宅メーカーの保証で定期検査を行ってくれるところもあります。たとえば基礎完成時、上棟時、完成時など建築の各段階や、引渡し後半年、1、3、5、10年で不具合がないか検査します。

 

メンテナンスが必要となると資金も必要です。マンションなら大規模な修繕は管理組合が行いますが、一戸建てだと持ち主の個人負担となります。普段から積み立てるなどの準備が必要です。住宅ローンの支払いを計算する際には、生活費だけでなくメンテナンスの費用も考慮しましょう。特に高額となるのが、外壁の塗り替えや屋根の修繕で、10年ごとに行うことになります。

 

住宅メーカーなどが行ってくれる定期点検では、建具のゆがみや雨漏りがないか、水回りの劣化がないか、地盤のゆがみがないかなどを検査してもらえます。また、しろありの検査を行ってくれるところもあります。最初についている点検、保証期間だけでは心配な場合、期間延長も行えます。

 

新築物件には、法律に基づく保険がついています。この保険により、基本的な防水性能がない場合などには保険金が支払われることがあります。中古住宅の場合は、売買時に寄付かなかった雨漏りなどの不具合を保障する制度もあります。契約書による保障期間は半年しかない場合もありますが、5年の保障がつく制度もあります。

 

定期的な点検やメンテナンスは必要ですが、耐久性のある素材を用いることや毎日の掃除や手入れで大切な家を長持ちさせる努力も大事です。長持ちすればメンテナンス費用の節約にもなります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市