家作りの第一歩はココから!

依頼先の選択

住宅を建てる際の依頼先にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

よく聞くのは住宅メーカー(ハウスメーカー)です。主に戸建てを建設していますが、マンションやアパートを建設しているところもあります。住宅展示場で実物を見れる点や、名前を聞いたことがある会社が多く安心感があり、手続きがわかりやすいなどの利点があります。自社で材料も製造し、パネルなどとしてから現場で組み立てるという短時間での建築も可能です。いわゆるプレハブ住宅(工業化住宅)がこれにあたります。施工は地域の工務店がしている場合があり、その際は完成度に差が出ます。

 

依頼先には工務店もあります。総合的な建設を請け負うところで、住宅を建てる建設業のことです。自社に大工などの職人がいます。

 

中小規模の工務店に対し、ゼネコンと呼ばれる建設会社は規模の大きい会社が多いです。メーカーから材料を購入し、大工などのいる専門業者に施工を依頼するというとりまとめを行います。

 

設計事務所は住宅の設計を依頼するところです。施工は設計事務所で専門業者を仲介してくれる場合と、自分で工務店などを探してくる場合があります。費用が高くなる場合もありますが、自分のイメージをそのまま形にすることもできます。

 

依頼先を考える場合には、まずは3社ほど基本プランで見積りをもらって仕様書などの見方を勉強しましょう。見積りを比較すれば各社の特徴もわかります。一通りの仕様と各社の違いがわかってきたら、気になっている別の会社にも見積り依頼して再検討するのもよいでしょう。希望の住宅にあった会社がみつかったら、設計士や営業担当と設計の相談を始めます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市