家作りの第一歩はココから!

カラーコーディネート

住宅設計が進むと、個々の装備や内装などを選んでいくうちにコーディネートがばらばらになってしまうことがあります。設計前に色や全体のイメージを決めておいて、オプションなどもそれにしたがって選択していくようにしましょう。

 

女性なら、ピンクやオレンジといったフレッシュな色が好まれますが、色の明るさやバランスも難しい色になっています。長く住んでも飽きがこないためにはシンプルなものが良いです。オリジナリティも欲しい場合にはワンポイントをいれるとよいでしょう。家事の合間に目に入って、なごませたり楽しい気分にさせてくれたりします。

 

屋根は住んでいる人の普段の生活では目に入ることが少ないですが、来客には一番に目に入るものです。たとえば屋根と外壁をシャープな色に統一することで、全体が引き締まった印象をあたえることができます。逆にイエローなど温かみのある色に統一することもできます。お散歩がてら、近くの家の配色を見て回り参考にするのもよいです。

 

内装なら、天井、壁、床など広い面積を占めるものの色がベースとなります。配色により部屋の広さの感じ方も変わってきます。ソファーや壁掛けの絵、小物類は配色のワンポイントになります。また、部屋の目的によって内装のカラーコーディネートも変えましょう。

 

壁紙など、サンプルが小さいと実際のイメージがしにくいものは、住宅展示場を見に行ってみることをおすすめします。実物大のものを見ることで、サンプルからの想像とは違った印象を持てると思います。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市