家作りの第一歩はココから!

オプション

住宅プランを確認する際にはどの設備までが標準装備なのか、必要でない設備がオプションとして付いていないかもチェックしましょう。住宅メーカーによっては、オプションは紹介された下請け会社と相談が必要なこともあります。

 

たとえばカーテンをオプションから選ぶ際には、標準設備をつけて残った予算と照らし合わせて形状を選択します。カタログだけでは実際の様子はなかなかイメージしにくいものです。ホームセンターに行って同じ形状のものを見ておくのもよいでしょう。レールのみ施工してもらい、カーテンは自分で買いに行くということもできます。

 

照明も標準装備以外に必要ならオプションとなります。夜間も足元が見えやすいよう、廊下にフットライトを設置すると安心です。照明スイッチは、子どもにも届きやすい高さにしましょう。

 

妊婦にも安心なように、浴室の床に滑りにくい素材を選択するのもよいでしょう。散らかった子どものおもちゃを来客から見えないようにする間仕切りや、掃除しやすいように平面に設計されたドアストッパーも便利です。キッチンの横にパントリーを設置すれば買い置き食品などを収納できます。

 

太陽光発電などエコ設備は、オプション費用と将来の光熱費とのバランスを考えて選びましょう。

 

塀は隣家とのトラブルを避けるためにも必要です。子どもが庭で遊んでいたボールが飛びこんでお隣の庭木を痛めることや、無意識にお隣の家の中をのぞいてしまうことを防止しましょう。

 

オプションはたくさんあっても予算には限りがあり、選択に悩むと思います。シミュレーションができるサイトもありますので、いろいろと試しておくのもよいでしょう

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市