家作りの第一歩はココから!

玄関・庭

後回しにされがちな玄関や庭のレイアウトですが、考えることが意外とたくさんありアイデアもいろいろです。

 

玄関の高さは靴を履きやすい高さにする必要がありますが、子どものサイズも考慮しましょう。やりやすいと子どもが自信を持ち、早く自分で履けるようになりやすいです。靴の収納場所や電気スイッチも子どもの手が届く高さにしておきましょう。

 

玄関近くにはベビーカーを置くスペースも必要になります。壁が一部飛び出している袖壁などをつけるだけで十分です。泥の付いたおもちゃやDIY用品なども置けますし、来客時に見えない場所に置けるので便利です。コートやバッグを収納できるクローゼットがあるとさらに便利です。

 

また室内の換気のために玄関を開けておくのは不用心ですし、夏に虫が入ることもあります。玄関網戸などを付ければこの問題は解消します。

 

庭の広さは居住面積を確保したあとに決めると思います。限られたスペースですが、植木や家庭菜園などを楽しむだけでなく、子どもが水遊びできるスペースなどがあるとよりよいでしょう。住宅の設計士とは別に、庭については造園業者との打ち合わせも必要です。

 

駐車場は、車止めを設置したり門から歩いて通る通路との間を分離したりして子どもの安全を確保しましょう。車が2台必要なのに土地が狭いというような場合は、住宅を鉄筋造にして1階部分を駐車場にするという設計もできます。

 

塀などのエクステリアも後回しの設計になりがちです。住居部分のカラーなどと合わせる必要がありますから、設計の早い段階で外観も総合的に考えるようにしましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市