家作りの第一歩はココから!

賃貸

持家はあこがれですが、予算や土地などの制約があってなかなか難しいことが多いです。最近では賃貸で子育てをする夫婦も増えてきました。

 

賃貸といっても集合住宅だけではなく、戸建の借家もあります。駐車場や、子供の遊び場となる庭の付いた物件を選ぶことも可能です。

 

賃貸マンションなら今の住居からすぐに移れますし、引っ越せば常に新築に住めるというメリットもあります。子どもに留守番をさせても安心なセキュリティー設備も得られます。選ぶ際には、共用部にはベビーカーで通れるスロープや転落防止設備があると安心です。また、階下へ音が響くことを考えて1階や玄関などの上の部屋を選ぶとよいでしょう。

 

2003年にはじまった子育て支援マンションというものも増えてきました。このマンションは自治体や民間機関の認可制になっていて、各住居、共用部、管理についての独自の基準があります。乳幼児の子育てに適した設備や施設があり、子供の遊べる広場や、雨の日用のキッズルームなどが設置されています。敷地内への不審者侵入を防いだり、病院や認可保育所を備えたりしているものまであります

 

貸主には民間、公共の機関があります。公共住宅には県、市町村営のものなど様々なものがあり、賃料も割安です。自治体の出資による特殊法人の住宅供給公社が提供するもの、独立行政法人が供給する都市再生機構住宅やUR賃貸住宅(旧公団住宅)などがあります。特定優良賃貸住宅は法律で定められた建築基準を基に建設されており、家賃も国や自治体から補助金が出るため負担が少なくすみます。ただし、公共住宅には入居資格が設けられていることが多く、世帯年収の基準などに注意が必要です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市